八木義徳の最新通販情報。

            

文学の鬼を志望す

価格:583円 新品の出品: 中古品の出品:234円
コレクター商品の出品:3,000円
カスタマーレビュー
半世紀に及ぶ文学一途の歩みの中で、恩師横光利一をはじめ山本周五郎、井上靖らとの交遊のほか三島由紀夫などの作家論も併録した文学随想集。
わが文学の原風景―作家は語る

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:92円
コレクター商品の出品:750円
カスタマーレビュー
なぜ、作家は書くのか。安岡章太郎、中村真一郎、竹西寛子など、現代文学の第一人者たちが、その動機や歩んできた道などを語り明かす。各作家のそれぞれの戦争体験や、現実の批評から生まれるリアリズムに迫る。
戦後占領期短篇小説コレクション 1 1945-46年 (1)

価格:2,700円 新品の出品:2,700円 中古品の出品:1,752円
コレクター商品の出品:7,999円
カスタマーレビュー
敗戦から一九五二年にいたるこの未曾有の時期に、文学にたずさわるものたちは何を描き、何を見ていたか。何をとらえ、何をとらえそこねたのだろうか。小説はその時代に生きたひとびとの言葉と緊密な関係を結んでいる。きびしい制約のなかで書かれた短篇小説を通して戦後占領期をあらためて検証し、いまの私たちを問い返すため、ここに「戦後占領期短篇小説コレクション」全七巻をお送りする。
私のソーニャ/風祭―八木義徳名作選 (講談社文芸文庫)

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:799円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
「工人招募」の貼紙に応募してきた吃音の大男が、周囲から愚弄されながらも勇者として認められるまでを描いた1944年芥川賞受賞作「劉広福(リュウカンフウ)」、苦界に生きる女性とのかかわりに“私”の心の彷徨を重ねた戦後の代表作「私のソーニャ」、異母兄との交流を綴った読売文学賞受賞作「風祭」、ほかに文学に纒わる随想など八木義徳の代表的作品を一冊にまとめた名作選。
男の居場所 (1978年)

価格:594円 新品の出品: 中古品の出品:341円
コレクター商品の出品:1,500円
カスタマーレビュー

風祭 (1976年)

価格:1,404円 新品の出品: 中古品の出品:613円
コレクター商品の出品:150円
カスタマーレビュー

一枚の絵 (1981年)

価格:637円 新品の出品: 中古品の出品:309円
コレクター商品の出品:2,700円
カスタマーレビュー

漂雲

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー

われは蝸牛に似て

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
全身を以て己が行跡を書き留める『最後の文士』の凄絶な遺作。
早稲田作家処女作集 (講談社文芸文庫)

価格:1,015円 新品の出品:4,844円 中古品の出品:1,094円
コレクター商品の出品:2,500円
カスタマーレビュー
「作家の運命は、処女作によって決定される」(序文より)青野季吉、谷崎精二監修による早大出身・中退作家アンソロジー。正宗白鳥「寂寞」 中村星湖「町はずれ」 吉田絃二郎「蜥蜴」加能作次郎「恭三の父」 牧野信一「爪」 中河与一「氷る舞踏場」横光利一「御身」 井伏鱒二「山椒魚」 浅見淵「山」逸見広「死児を焼く二人」 尾崎一雄「早春の蜜蜂」丹羽文雄「鮎」 八木義徳「海豹」 宮内寒弥「蜃気楼」井伏鱒二私は早稲田に入学した翌年の夏休暇に、この山椒魚をモデルにして習作を書いた。しかし実体の山椒魚は餌にもらった蛙など見ると、がぶりと一とくちに食ってしまう。空腹になると自分の手をたべることがある。だから、この小説では山椒魚の生態を部分的に無視しているところがある。――<「『山椒魚』について」より>※本書に入っている作品は、すべて『現代作家処女作集 早稲田作家篇 第一集』(潮書房・1953年刊)を底