瀬戸内晴美の通販情報

            

求愛 (集英社文芸単行本)

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:181円
コレクター商品の出品:1,575円
カスタマーレビュー
人は、死ぬまで、愛を求める。大病からよみがえった著者が、執筆に執念を燃やし続けてたどり着いたさまざまな「愛」のかたちをつづる三十篇。数え年九十五歳にして初の、寂聴・掌(てのひら)小説集。父親が行方不明、男を作った母親に家から追い出された「私」は、伯母の家で従妹の艶(つや)と兄妹のように育つ。「うちと兄ちゃん、いいなずけやもん」と慕ってくる艶と夫婦になるが……。(「許婚者(いいなずけ)」)●エッセイストの早苗の家に、その日、一通の封書が届いた。差出人の住所はなく、ただ名前だけがあった。二十年前に死んだ、昔の男の名だった。(「恋文の値段」)●「おれ」より四十一歳年上の栞は、九十一歳だが若々しい。ケータイの電話とメールを使いこなし、世界を飛び回る「おれ」と繋がっている。南米の土産物「どりーむ・きゃっちゃー」を渡して以来、彼女から深夜の電話が来るようになり……。(「どりーむ・きゃっちゃー」)
求愛

価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:370円
コレクター商品の出品:745円
カスタマーレビュー
人は、死ぬまで、愛を求める。 大病からよみがえった著者が、執筆に執念を燃やし続けてたどり着いたさまざまな「愛」のかたちをつづる三十篇。数え年九十五歳にして初の、寂聴・掌(てのひら)小説集。 父親が行方不明、男を作った母親に家から追い出された「私」は、伯母の家で従妹の艶(つや)と兄妹のように育つ。「うちと兄ちゃん、いいなずけやもん」と慕ってくる艶と夫婦になるが……。(「許婚者(いいなずけ)」) エッセイストの早苗の家に、その日、一通の封書が届いた。差出人の住所はなく、ただ名前だけがあった。二十年前に死んだ、昔の男の名だった。(「恋文の値段」) 「おれ」より四十一歳年上の栞は、九十一歳だが若々しい。ケータイの電話とメールを使いこなし、世界を飛び回る「おれ」と繋がっている。南米の土産物「どりーむ・きゃっちゃー」を渡して以来、彼女から深夜の電話が来るようになり……。(「どりーむ・きゃっちゃー」)
女徳 (新潮文庫 (せ-2-2))

価格:961円 新品の出品:961円 中古品の出品:351円
コレクター商品の出品:4,999円
カスタマーレビュー
?y?e?i?z 3 z -?i?g?p?´(?y?÷?e?x??) e?u?・?a?a?¨?c?y?¢ ??-?e?i?x?a?e?¢?o?o?a?・?b?y?a?}?] z ^?[?c?c?- ¢ μ?u?・?b?¨?}?¬?o?a?a?o?≪?a?r r?e?o? ̄?a?e?i z
女徳(新潮文庫)

価格:741円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
京都・祇王寺の庵主として静かに暮す智蓮尼は、12歳で花柳界に売られ、愛のあかしに小指を切ってみせるほどの激しい気性をもっていた。赤坂の“千竜”としてその艶名をうたわれ、男とのことで数度にわたって新聞を騒がせたのち40歳で得度したのだった……。すさまじいまでの女の宿業をにないながら、本能のままに生命を燃焼させた女の波乱の半生を、大胆なタッチで描いた長編。
花芯 (講談社文庫)

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:280円
コレクター商品の出品:1,050円
カスタマーレビュー
「きみという女は、からだじゅうのホックが外れている感じだ」。親の決めた許婚(いいなずけ)と結婚した園子は、ある日突然、恋を知った。相手は、夫の上司。そして……。平凡な若妻が男性遍歴を重ね完璧な娼婦になっていく姿を描き、発表当初「子宮作家」のレッテルを貼られ文壇的沈黙を余儀なくされた表題作他、瀬戸内晴美時代の幻の傑作5編を収録。
花芯 (講談社文庫)

価格:540円 新品の出品:540円 中古品の出品:5円
コレクター商品の出品:1,750円
カスタマーレビュー
?y?e?i?z 3 z -?i?g?p?´(?y?÷?e?x??) e?u?・?a?a?¨?c?y?¢ ??-?e?i?x?a?e?¢?o?o?a?・?b?y?a?}?] z ^?[?c?c?- ¢ μ?u?・?b?¨?}?¬?o?a?a?o?≪?a?r r?e?o? ̄?a?e?i z
白い手袋の記憶 (1957年)

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:580円
コレクター商品の出品:2,900円
カスタマーレビュー

諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(下) (岩波現代文庫)

価格:1,058円 新品の出品:1,058円 中古品の出品:2,116円
コレクター商品の出品:498円
カスタマーレビュー
パートナーとして深く結びついたアナーキスト大杉栄と伊藤野枝。関東大震災直後の甘粕正彦らによる虐殺まで、二人の生と闘いの軌跡を、彼らをめぐる人々のその後とともに描く。野枝と大杉の人生はいかなる終幕を迎えるのか――名著『美は乱調にあり』から16年の時を経て成就した、注目の完結編。巻末に栗原康氏との対談を収録。(全2冊)
諧調は偽りなり――伊藤野枝と大杉栄(上) (岩波現代文庫)

価格:1,058円 新品の出品:1,058円 中古品の出品:1,000円
コレクター商品の出品:1,711円
カスタマーレビュー
「美はただ乱調にある。諧調は偽りである。」(大杉栄) 四角関係を超えて深く結びついたアナーキスト大杉栄と伊藤野枝。大杉の幼少期から関東大震災直後の甘粕正彦らによる虐殺まで、二人の生と闘いの軌跡を、彼らをめぐる人々のその後とともに描く、大型評伝小説。名著『美は乱調にあり』から16年の時を経て成就した、注目の完結編。(全2冊)
美は乱調にあり――伊藤野枝と大杉栄 (岩波現代文庫)

価格:1,058円 新品の出品:1,058円 中古品の出品:900円
コレクター商品の出品:2,480円
カスタマーレビュー
「美はただ乱調にある。諧調は偽りである。」(大杉栄) 瀬戸内寂聴の代表作にして、伊藤野枝を世に知らしめた伝記小説の傑作が、文庫版で蘇る。婚家を出奔しての師・辻潤との生活、『青鞜』の挑戦、大杉栄との出会い、そして日蔭茶屋事件――。野枝、平塚らいてう、神近市子。恋に燃え、闘った、新しい女たちの人生。